水草水槽イメージ画像

大型水槽とミドボン&レギュレーター

水草水槽を維持するために不可欠なものと云えば、CO2の供給だと思います。発酵式とか色々な添加方式もあるようですが一般的には、ミドボン(緑のボンベの略称)の導入ですね。

特に、60cmオーバーの水草水槽には必須のアイテムではないでしょうか。でもって、ミドボンにはレギュレーターがセットで必要です。


今回は、そんな水草水槽維持において、ゴールネットを揺らさなし、ホームランも打たない、水槽台の片隅で粛々と仕事をこなすレギュレーター君についてのエントリーです。

私は、「あばうとミィ」にも記載してますが、2002年に水草水槽にデビューして、これまでにレギュレーターを3つ買いました。実はレギュレーターの耐用年数を勝手に3年程度と決めて買い換えてます。子供が小さかったのでもしもの為と、ネット通販眺めていたら買いたい病が発症して。。。www

全てビールサーバー用途としてのレギュレーターでメーターと電磁弁、及びスピコンが一体型になっているタイプです。最近は色々なタイプも出まわっていますが、以前はそれほど選択肢も無かったですね。なんかこう、まんま業務用の野暮ったいタイプでした。

現在使っているのは、写真のタイプです。Y!オークションで買ったものですが、コレまでに使ったものより使い勝手がいいのでご紹介します。メーターが2つあるのにコンパクトですし、スピードコントロールのつまみが大型でしっかりしているし、チューブの継手がロックナット方式で繋ぎやすく外しやすいです。電磁弁のウナリもないし、熱くもならないし、電源コードも長いし、財布にもソコソコやさしいし。。。

[tegaki]えっと、ステマじゃないです。(笑[/tegaki]

ミドボンのレギュレーター

そんなお気に入りでしたが、残念なことにガス漏れしました。最初はパッキンの劣化を疑い、パッキンを交換しましたが違うようです。漏れ部を確認するために台所洗剤を泡立てて、各所の接続部に塗ると左のメーターの部分から漏れてました。

お気に入りだったけど個体差なので仕方ないなぁ~とか思いましたが、修理も可能のようだったので、状況を説明するメールを送ったら、数分後に返信があり、「ご迷惑をおかけして申し訳ありません。返品交換します。」と、思いがけない返信がありました。

返送用の送料分だけご負担下さい。とありましたが全く問題ありません。しかも、メールした翌々日には新品が届きました。

Y!オークションの説明を改めて見てみると、2年保証だと書かれてました。ただ、私が購入した際にその記載があったかどうかは覚えていません。

どんな物でも故障するときはするし、クレーマーが趣味でもないし、想定していた以上の対応してもらえたので、思い出の為に書き残しておきます。

バブルカウンター

ちなみにミドボンは、2年ぐらい前に少し値上げされて2,350円で近所の酒屋さんで交換してますが、あなたの街の酒屋さんと比べて高いですか?安いですか?

まだ出品しているといいですね。グリーンのメーターのレギュレーターですので直ぐ判ると思います。

関連サイト:Yahooオークション レギュレーター<CO2添加システム> 


ブログランキングに参加しています。 →  にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へ 人気ブログランキングへ FC2 Blog Ranking
One Comment

Add a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*